生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病について

イメージ

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)、痛風(高尿酸血症)などがあります。いずれも、運動不足、過食、そして肥満といった生活習慣の不摂生が主な原因となる慢性疾患です。
日本では、食生活の欧米化や生活スタイルの変化により、生活習慣病が増加の一途を辿っています。
生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして、重なることによって、各症状がひどくなったり、動脈硬化を進行させて脳卒中や心筋梗塞などの重大な疾患に結び付いたりする危険性も相乗的に高まるのです。
そういった事態を招かないように、たとえ自覚症状が無くても、早めに生活習慣を改善するための対策を講じましょう。
基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心になります。必要と判断された場合には、薬物療法も併用します。

生活習慣病の管理は私たちの最も得意とするところです。健診異常の多くは生活習慣に起因するものです。仕事や生活の様子を丹念にお伺いし、現実的な解決策を一緒に考えます。何よりも続けることが生活習慣病の克服に最も大切なことです。無駄な投薬や非現実的な目標設定による「続かない治療」では治療しないのと変わりありません。私たちは、現実的な治療選択肢を誠実なバランス感覚を持ってご提案致します。

対応疾患

糖尿病

糖尿病とは

血糖値の異常を認める病気ですが、かなり進行しない限り、ほとんど症状は無いと言っても良いでしょう。何かしらの痛みなどの症状が出た場合には、既にかなり血管が傷んでいると考えられます。健診で少しでも異常が見られた場合はお早めにご相談ください。早めの治療で、お薬を辞められる可能性も高まります。また、何年も異常を指摘されていながら、なかなかご相談頂けない場合が多数あります。お仕事との両立がしやすい治療をご提案しますので、まずはご相談ください。

»詳しく見る

高血圧

高血圧とは

血圧が高くなる病気です。ほとんど自覚症状がありません。血圧が高いまま放置しておくと、脳出血などを起こす場合があります。当院では丁寧な診断治療を心がけており、目標血圧の達成をお手伝いしています。

»詳しく見る

脂質異常症 (高脂血症)

脂質異常症 (高脂血症)について

コレステロール、中性脂肪で異常値を認める病気ですが、ほとんど症状はありません。健康診断で、中性脂肪が高い、悪玉コレステロールが高い、善玉コレステロールが低いなど指摘された方はお早めにご相談ください。最近特に家族性高コレステロール血症について治療の選択肢が拡がっていますが、丁寧な診察がなされずに、診断されていないケースがたくさんあります。当院では丁寧な診察を心がけています。

»詳しく見る