自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症とは

イメージ

自律神経失調症は、文字通り自律神経が失調した(バランスが崩れた)状態です。
自律神経は、交感神経と副交感神経という2つの神経から成り立っており、呼吸、体温、血管や内臓などの動きをコントロールしています。
ごく簡単に言えば、交感神経は、日中にほどよく緊張して活動するための神経(車にたとえればアクセル)、副交感神経は夜、リラックスして眠るための神経(車のブレーキ)と言えます。
通常は交感神経と副交感神経が、綱引きをするようにバランスをとりながらうまく働いていますが、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れ、不規則な生活習慣などにより、バランスが崩れてしまうことがあります。この状態が自律神経失調症なのです。

自律神経失調症の主な症状

  • 睡眠障害
  • 微熱が続く
  • 片頭痛
  • ひどい肩こり
  • 手足のしびれ
  • 息苦しさ、動悸
  • 食欲低下
  • 冷えやほてり
  • イライラ、不安
  • めまい、立ちくらみ、耳鳴り、頭痛
  • 腹痛、下痢、便秘
  • 血圧や脈の異常
  • 疲労感、倦怠感 など

自律神経失調症の治療

治療としては、抗不安薬や抗うつ薬などによる薬物療法やカウンセリングが行われます。
また、夜はよく寝て、日中はしっかり活動するなど、規則正しい生活をする、栄養バランスのとれた食事を三食きちんと摂る、適度な運動をする、環境を調整するなどの生活改善も大切です。